職場の問題行動である遅刻

職場での問題動としてよくあったりするのが遅刻です。実際問題として全ての人が遅刻が許されていないというわけではなく、確かに駄目ではあるのですが、企業体というのが利益を追求する集団であるという点から考えてみるとかなり一人で営業利益をたたき出している人などであれば遅刻していてもそれほど咎められることはないということも多いです。但し、そういう場合はその人が問題行動をしているということを定義するのではなく、会社自体にフレックス会などを導入するというようなことで対処した方が良いでしょう。はっきりと言ってしまいますと遅刻というのはそれほど大きく問題になるというような問題行動ではないことがあるからです。人によってだいぶ違うことではありますがそれこそは極めて優秀な人材であり、しっかりとしたコストパフォーマンスで働いているというのであれば真面目に出勤してくる無能よりも遥かに役に立つということになるからです。職場における様々な問題行動というのは確かに会社が対処しなければならないわけですが全ての人に対して平等にそれを行うという必要性が必ずしもあるわけではないというのを理解しておきましょう。そこが難しいことになります。https://www.ningenkankeitukare.com/entry/133.html